Quadraspire Home
■FAQ(よくある質問)

よくある質問をご覧になるには、以下をクリックしてください。質問内容が見つからない場合は、弊社までお問合せください。

Placeholder image

一般的な質問

MDF(medium-density fiberboard/中密度繊維板)に天然の突板を施しております。

はい。Q4、Q4D、QAVM、QAVXシリーズでは、ポールの長さはどちらをお選びいただいてもセット内価格にてご提供させていただいております。お手持ちの機器に合わせてお好みの長さ/色をお選び下さい

[ご注意]

  • 黒とマットシルバーの混在はご遠慮ください
  • 19mmと32mm径ポールの混在はご遠慮ください
  • 脚の変更は承っておりません
  • Vent専用の326mmポール(VP326/32又はVP326/32MS)のみ、価格帯が違うため、セット価格ではなく、追加対象となりますので、ご注意下さい

日本国内でご使用の場合、安全面から、約1メートル30センチを超える高さでのご使用はおすすめしておりません。どうしてもそれ以上高く積み上げる必要がある場合には、転倒防止の対策をしていただき、ポールの直径を32mm径にしてお使い下さい。

ポールの構造及び強度の面からお薦めできません。推奨仕様対象外でのご使用での破損に伴う保証は一切しかねますので、何卒ご了承下さい。

耐荷重内の重さでも、1箇所に重量が集中すると、板に歪みが生じることがありますので、なるべく1箇所に集中しないようにしてお使い下さい。

はい。
QAVM、QAVXなど、お求めいただく製品によっては、2名以上で組み立ていただくほうが良い製品もございます。

・アンプ製品やHDレコーダーなどのように、放熱口やヒートシンク近辺が高温になる製品の場合は、最低でも10cm程度の空間を確保していただくほうがよいと思います。

・それ以外の製品であまり熱を発生しないようなものであれば、数cm程度でよいと思われます。

詳しくはお使いの機器メーカー、代理店様へご相談ください。

はい。棚板のはカーブには、向かい合う面が平行にならないことで、定在波を拡散し、軽減される効果があります。お使いになるHIFI機器のパフォーマンスを向上します。

  1. スパイク(F19S又はF19S/MS)、又は平型脚(F19F又はF19F/MS)
  2. 重量キャスター(QCST50又はQCST50/MS)となっております。

※32mmも同様となります。

Quadraspireは英国のラックメーカーです。棚板、CDラック、ポール、インシュレーターすべてを英国の自社工場で制作していますので、生産国は英国となります。

19mm径ポールを32mm径ポールに変更してご使用頂くことは可能です。
ただし、その場合全てのポールを32mm径にしてご使用ください。
※棚板を上下から同じ面積で接地、固定した方が安定します。

片側を32mm径、片側を19mm径にしてしまいますと、両側から同じ力で押さえることが出来ませんので、地震などがあった場合に不安定になる可能性があります。

ご使用になる機器にもよりますが、それほど発熱をしない機器を置かれる場合には上方に5cmほどの間隔を、発熱がかなり多い機器を置かれる場合には上方に10cmほどの間隔を空けてのご使用をお薦めしております。

Placeholder image

木製棚板について

[棚板]

木製棚板には、最大で5色ご用意しております。

  1. CHERRY(チェリー)
  2. MAPLE(メープル)
  3. DARK OAK(ダークオーク)
  4. OAK(オーク)
  5. BLACK(ブラック)

※Ventシリーズのみナチュラルチェリーあり

※モデルによっては全色ご用意しておらず、特注対象となる場合があります。
その場合の価格は最新カタログに表記している色違いの棚板の価格より1割増し程度、納期は3ヶ月程いただくことになりますので、予めご了承下さい。

Placeholder image
[Q4シリーズ]

Q4シリーズの棚板の耐荷重はおよそ80kgですので、重量的にみれば42インチのテレビを載せても大丈夫ですが、ラックよりも横幅の広い物を乗せることになりますので、揺れに対して不安定になる可能性があります。
弊社といたしましては大画面テレビを乗せられるのであればQAVMシリーズ、もしくはQAVXシリーズをお勧めいたします。

また、Q4をはじめQUADRASPIREのラックを組み立てた場合、一番上の棚板にはトップボルト(下段のポールを固定するためのボルト)があり、大画面テレビのベースの大きさによってはトップボルトに引っ掛かり、水平に設置できない可能性がありますのでご注意ください。
※Q4におけるトップボルトを避けた場合のクリアランス:W490×D310

Placeholder image
[QAVMシリーズ]

42インチのテレビまでなら十分ご対応いただけます。ただし、それ以上のサイズになる場合は、QAVMより横幅のあるQAVXシリーズをお使い下さい。

Placeholder image
[QAVXシリーズ]

薄型TVの需要が高まり出した2004年の春頃より発売を開始いたしております。

ガラスの特注はお受けしておりますが、残念ながら、耐久性の理由からQAVXサイズでのアクリル棚板のご注文はお受けしておりません。何卒ご了承下さい。

  • QAVXは、標準19mm径ポールを使ったセット内容です。
  • QAVX32は、標準32mm径ポールを使ったセット内容です。

[ご注意]
19mm径ポールの使用時は、ザグリ構造のため、10mmほど棚板に入り込むため、棚間とラック全体の高さが変わります。

Placeholder image
[TRSシリーズ]

申し訳ありませんが、19mm径ポールのみのご利用となります。

はい。重量キャスター(QCST50又はQCST50/MS)、又は平型脚(F19F、又はF19F/MS)のご使用は可能です。別途ご購入の上で平形脚の先端部を取り外して、スパイクの脚部、重量キャスターのキャスター部を取り付けてください。

Placeholder image

ガラス棚板について

[ガラス棚板]

目安として約200~250度を参考数値としてお考え下さい。

はい。例として、Q4Dシリーズの場合、ガラス、スリガラス棚板1枚につき8枚付属されます。ポール穴上下に1枚ずつお使い下さい。

ガラス棚板を重ねての使用はお薦めしておりません。
ガラス板の厚みが1枚あたり8㎜ありますので、2枚重ねてご使用になると上下のポールが噛み合う長さが短くなり不安定になってしまいます。棚板につきましては1枚ずつでご使用頂けますようお願い申し上げます。

Placeholder image

Ventシリーズについて

[Q4D-Vent]

はい。Quadraspireのデザイナーと我々日本代理店と共同開発の末、誕生したのがこのスリット入り棚板です。当初は、その形構えがスノコ板のようであったことから、Sunokoと仮名で呼ばれていましたが、海外ではその名前がすっかり定着し、Sunokoの愛称で親しまれています。

スリットを設けることで、重量を抑え、さらに定在波を軽減しています。スリットの本数も試聴テストの結果、11本に設定されました。奇数にすることで、定在波の軽減に効果的です。

可能ですが、その際ポールはVent用ではなく、標準ポールでの使用になります。
VENT専用ポールと標準19mm/32mmポールとでは、ネジ径が異なるため、標準ポールとVENT専用ポールは繋げることは出来ません。
[ご注意]
標準19mm径ポールの使用時は、ザグリ構造のため、10mmほど棚板に入り込むため、Q4D-Ventと一緒にお使いいただく際は、棚間とラック全体の高さが変わってきますので、ご注意下さい。

申し訳ありませんが、セット内容での変更はお受けしておりません。別途ご注文いただくか、棚板やポールを個別にお買い求め頂くこととなりますので、予めご了承下さい。

Placeholder image

CD/DVDラックについて

[QUBEシリーズ]

CDやLPのサイズにもよりますので、参考枚数としてお考え下さい。
CD-QUBE=CD約150枚(2段の使用で、DVDも約60枚収納可能)
LP-QUBE=LP約100枚。

「QUBE専用平型脚セット」には、平型脚、QUBE専用フットアダプター、及び取付け用ネジが付属されます。通常のオーディオラックとは異なり、直接、平型脚をねじ込むことは出来ませんので、上記セットのご購入が必要となります。

「重量ベース(黒)」には、黒ベースの他に平型脚、及び取付け用ネジが付属されます。上下にQUBEシリーズを連結してお使いになる際など、最下段の底にこの「重量ベース」をお使いいただくことで、より安定してお使いいただくことが可能となります。

重量キャスター(QCST-50又はQCST-50/MS)をご使用の場合は、「QUBE専用平型脚セット」と一緒にお求めいただくことでご利用いただけます。

QUBEには、1台につき壁付用/転倒防止用ガイド穴を4個設けております。このガイド穴をご利用頂き、ラックを壁に打ち付けることで、地震などの揺れによる転倒を防止します。

[ご注意] 壁に取り付けるためのネジ等は別途ご用意ください。

追加購入は可能です。まずは販売店へお問い合わせください。ガラス棚板4枚とダボが付属されます。

Placeholder image

スピーカースタンドについて

[CSシリーズ]

ブラック色は、MDF(medium-density fiberboard/中密度繊維板)に黒色塗装のみの仕上げとなりますが、チェリーには、通常の棚板同様、MDFに天然の突板を施しております。そのために、価格がブラックより高くなります。

CS250B(CH)やCS320Bでは、平型脚や重量キャスターをねじ込むための穴が開いておりませんので、お使いいただくことが出来ません。
  CS450Bの場合は、どちらもご使用可能です。平型脚は付属されてきますが、重量キャスターをご使用になる場合は、別途ご注文下さい。

滑り止め、傷防止のために丸型のゴム足が付属していますので床に直接設置してご使用いただくことも可能です。
ラックの中に設置してご使用いただく際は、CSシリーズにセンタースピーカーを設置した時の高さがラックの中で十分確保できることをご確認ください。

Placeholder image

アクセサリについて

QX!サイレンサーシリーズの素材には、低質量不活性なアクリル素材を用いて、無共振のデカップリング支持を実現するようデザインされています。

ポールはアルミ製となります。スチールよりも共振を逃がすのに効果的な素材です。シルバー仕上げの表面は少しザラザラした塗装となります。

スパイクマウント(QSM4SS)はステンレス製です。Q4、Q4Dシリーズのセットをご購入の際に付属されてくるスパイクマウントは、こちらになります。

重量キャスターは、ウレタン製となります。

残念ながら、32mmシリーズでの脚は、平型脚(F32F又はF32F/MS)と重量キャスター(QCST-50/32又はQCST-50/32MS)のみとなります。予めご了承下さい。

ストッパーは、キャスターの動きをある程度制限しますが、完全なブレーキではありません。ラックが移動しないようにするには、脚全てにストッパー付き重量キャスター(QCST50SP)をご使用いただき、必ず全てのストッパーをロックしてください。

【凡例】
Q4シリーズ、QAVMシリーズの場合⇒4個
Q4D-Vent Twinシリーズの場合⇒6個
QAVXシリーズの場合⇒8個

例えばQAVMシリーズなどに、QCST50(ストッパー無し)とQCST50SP(ストッパー有り)を2個ずつご使用になる場合は、出来るだけ、各々が対角線になるように取り付けてご使用ください。

雄ネジの径は「M12」、ネジ部の長さはおよそ25mmとなります。
※ネジ部の長さにつきましては、前後1mmほどの個体差がありますこと、ご了承ください。

ポールのネジ山が潰れてしまわれた場合には、ネジを切りなおすことで修復することが出来ます。
その際には、雄ネジ側と雌ネジ側の両方を切りなおす必要がありますので、 合わせて弊社までお送りください。

Placeholder image

ご購入について

申し訳ございませんが、弊社から直接の販売はいたしておりません。お取引きのある販売店様にてお求めいただけますよう、お願い申し上げます。特にお付き合いの販売店様が無いようでしたら、[Dealers/販売店一覧]をご参照下さいませ。

はい。お見積もりに関しましては、販売店様を通してお尋ね下さい。本国メーカーからの正式回答の後にご返答させていただきます。納期については正式なご注文をいただいてから約3ヶ月を目安にご検討下さい。

Placeholder image

サポートについて

納品時の初期的な傷や不良のある製品のみ、保証対象とさせて頂きます。

無理やりねじ込んでしまうと、ポールのみならず、棚板まで破損してしまう場合があります。まずは弊社サポート(フリーダイヤル:0120-004884)までご相談下さい。

まずはご購入販売店にご相談下さい。販売店を通して承ります。

ザグリとは座繰り加工のことで、穴周囲に一回り大きな径で段をつけて表面から掘り下げることです。通常の19mm径のポールをご使用の場合、ポールが10mmほど棚板に入り込むような構造になります。

[ご注意]
その為、ラックを組んだ際の内寸が、ポールの実寸よりも短くなりますので、ご購入の前にお確かめ下さい。ただし、ガラス棚板の場合には、ザグリ加工は施されておりません。

各々のポールの接合部にデカップラーをはめ込むことで、各棚板に起因するレゾナンス排除を効果的に行えます。お使いいただくデカップラーの場所は、お好みでお選び下さい。

Placeholder image

その他

[HPに掲載されていないシリーズに関して]

現行製品でなく、弊社に在庫が無い場合には、本国メーカーからのお取り寄せとなります。
この場合、新たに生産が必要となってしまいますので、特注にてのご発注となりますこと、何卒ご了承下さいませ。 お見積もりに関しましては、販売店様を通してお尋ね下さい。本国メーカーからの正式回答の後にご返答させていただきます。納期については正式なご注文をいただいてから約3ヶ月を目安にご検討下さい。

Placeholder image
CALL US
FreeDial:0120-004884

FuhlenCoordinate


〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町1-5-14
Quadraspire - Performance HiFi Racks
Made in BritainQuadraspire Made in Britain Est 1995
© FuhlenCoordinate 2018   |